株式会社 三英社製作所

電力会社様用 機器の製造・販売

電気を、全国の皆様へ、確実にお届けするために。

電力の安定供給に貢献し、配電線の高度化ニーズに応える各種の配電機器を製造・販売しています。
風雨にさらされる配電機器は、耐久性、安定性を実現するため、設計および製造段階においても高い技術力が要求されます。
各電力の地域環境に合わせた製品開発の経験を生かし、現在の技術と融合した未来に向けた様々な新しい配電用機器の開発および製造に取組んでいます。

電気の
安定供給を
支えるために

一般的には、電力会社の発電所で作られた電気は、送電線によって変電所へ送られそこから配電線(架空・地中)により各家庭へと送り届けられています。日本の停電時間が欧米諸国と比較しても各段に少ない水準に維持することが出来ているのは「配電自動化システム」を構築しているためです。それらを担う機器(開閉器・制御装置)の設計開発および製造を行うことで電気品質の向上に貢献しています。

配電には
架空と地中の
2系統があります

  • 電柱に機器を設置した架空配電は、 日本の戦後復興
    から経済成長を支えた配電方式です。
    近年においては、地中配電へのシフトも行われておりますが、現在も電気を安定して供給する重要な役割を担っています。

  • 電線を地中に埋設して電気を供給する方法です。
    地中化は、国や自治体が進める安全で快適な生活環境を意識した街づくりに寄与(歩道・防災路の確保、景観保護)することが出来ます。
    また、歴史的街並みの保全から地域の活性化への貢献も期待できる配電方法です。