電気が家に届くまで

私たちは、電気の安全な配達を見守っています

発電所で作られた電気は、私たちの家やお店まで
どのようにして届けられるのでしょうか

発電所で作られた電気は、いくつかの変電所を経て降圧されながら私たちの住む街の近くまで送られます。そして配電用変電所で6,600Vまで降圧され、各家庭やお店には200V、100Vで配電されます。ここから工場やビル、店舗や各家庭に配電されるまでを見守るのが、私たち三英社製作所の製品です。

高圧で送る理由は、ロスの軽減です

電気は、大きな発電所からおよそ30万V~50万Vという超高圧で送電されます。送電する電力量は、電流×電圧で決まりますが、電線には抵抗分があるため長距離送電時のロスを減らすには、電流を少なくし電圧を高めなければなりません。低圧では、ロスする電気がどうしても多くなります。

配電用変電所からが、三英社製作所の配電機器の出番です

配電の方法には、電柱や電線を使った架空配電と、地中に電線を通した地中配電の2種類があります。どちらの配電方法でも、開閉器や、開閉器が内蔵しているセンサからの信号を計測・分析する制御装置が使われています。それが組み合わされることで、電気の状態の監視や、電気的な事故が発生した区間の検出や自動での切り離しが可能になり、安全に電気を送ることができています。
また、地域の環境に合わせて、安全に電気を送るために歴史のある定番の製品から、最新技術を応用した製品まで、多岐にわたる製品を開発し、提供しています。